結婚に関しての豆知識2

HOME -> 結婚に関しての豆知識 -> 結婚に関しての豆知識2

結婚に関しての豆知識2

趣味を理解してくれる人と巡り会える
結婚相談所を利用して一番良かったと思ったのは、自分の趣味を最初からアドバイザーさん経由で相手の男性に伝えてもらえることでしょう。

アドバイザーさんがしっかりフォロー!
せっかく、結婚相談所に登録しても意中の人に「なかなか出会えない」なんて話をたまに耳にします!そんな事にならない為にはどうしたらよいのでしょう!

結婚相談で不安になりがちなこと
結婚相談所に通う前に、迷ってしまう利用は様々な不安があるからだと思います。しかし、相談すればちゃんと丁寧に説明して下さります。登録する前にキチンと不安は解消しておきたいですよね!

結婚に譲れない条件が三つ以上あります
生涯を共にするする相手選びには妥協したくないと思うのはだれでも同じことです。ですが、あれもこれも条件をつけすぎてしまっているために、結婚から遠ざかっていっていることに気がつかない人もいます。

婚活を始めてどのくらいで結婚できるのか?
個人差があるものの、半年から1年の目安になります。たとえば、結婚相談所で婚活をした場合、早ければ入金をしたその日からお見合いをセッティングすることも可能です。

20代のまま時が止まってしまったお嬢さん
私の結婚相談所に来る女性は、7割が一人暮らしで3割が実家で生活をしています。校舎の3割の方に属している女性の中でときどき問題になるのが「元・お嬢さん女子」です。「元・お嬢さん女子」とはそのなのとおり

モテ期の自分が忘れられない
みなさん「モテ期」はいつでしたか?一般的に「モテ期」とは、こちらが望むと臨まざるにかかわらず異性からちやほやされる時期のことを指します。モテ期は誰にでも一度は訪れるといいますが、かつてのモテ期に拘りすぎてその後の何年もたっているのに高みから降りてこられない女性たちがいます。

女子会大好き他力本願女子
どうして結婚したいと思える人がいないのだろう!どこかにいい男いないから。かつて、女子同士での会話の中で、このセリフが登場しなかったことがあるのでしょうか。

出会いある結婚
結婚をしたいけど、出会いがなくて、出会いがあっても、なかなか結婚まで運べない、そんな人はたくさんいます。そんな時考えるのが、結婚相談所への登録です。費用の問題などが浮上し、登録をあきらめている人もいるでしょう。

趣味が同じ人が良いので結婚相談所でマッチングしてもらう
普段はあまり出会いがないのでお付き合いするまでの人にたどり着きません。結婚相談所に登録すると自分の希望する条件の人とマッチングをしてもらえるので相性が合う人に出会える確立が一気に高まります。

出会いは自分で行動
出会いは自分で行動しなくては前に進みません。仕事と家の往復で出会いもないしとよく聞きますが、それは自分への言い訳に過ぎないのです。最近では結婚相談所という場所があります。

結婚相談所はアドバイザーがいるから心強い
自分で婚活をする場合と結婚相談所でする場合に最も違うのは専門のアドバイザーがいるということです。会社によってはコンシェルジュなどとも呼んでいます。彼らは何人もの結婚希望者同士を結びつけてきた、いわばキューピッド役を担っています。また、自分では気づかなかった性格やちょっとしたくせなども見抜き、こんな人はどうでしょう?と今までの自分では思いもかけなかった男性を紹介してくれることもあります。男性の好みは自分で分かっているようですが、近すぎて見えないことも多くあるものです。盲点がないように、あなたの意見を尊重しながら、経験豊富なアドバイザーがそのときに最適と思われることを提案してくれます。そのため、そこから結婚に至ったケースは少なくないと言われています。自分の意見をしっかり尊重しながら、耳の痛いことも必要であればしっかりと言ってくれる相談相手を持ちながら結婚相手を探すことに集中できるのは、ほかにはありません。結婚相談所にかかるお金は決して少ないとは言えませんが、その分、サポート体制がしっかりしているのです。

失敗しない結婚相手選び方
結婚相手の男性の条件として「3高」がもてはやされた時代がありました。高収入、高学歴、高身長というのが3高の内訳です。今となっては想像できないかもしれませんが、当時は本気で「身長は180cm以上が理想!」「早、慶、上智がベスト。青学、立教ならセーフかな」といった発言を堂々とする女性たちがたくさんいました。

サバサバした「アネゴ系女子」
仕事ができて後輩の面倒見もよくて、同じ職場にいると重宝がられる女性のことです。こうした女性たちの多くは、実年齢を正しく反映していなくても「ねえさん」と呼ばれる「アネゴ系女子」です。「アネゴ系女子」の最大の特徴は、同性ウケが抜群にいいということ。

時代錯誤な結婚観を持っている人
夫は3歳年上の商社マン。私は専業主婦、子どもは一男一女の二人、家は庭つき一戸建て、夏と冬には家族で海外旅行に行くのが恒例です。とういうような、一昔前の夢物語に近い理想を本気で願っている女性に出会うことがあります。

 

結婚相談所を比較!結婚相談所比較センター

ページの先頭へ