破局危険度チェック

HOME -> 結婚に関しての豆知識 -> 破局危険度チェック

破局危険度チェック

相手と結婚に対する感情の温度差を感じている。
誘いを掛けるのは必ず自分(または相手と)決まっている。
「メールに返事が来ない」「電話が無い」ともたことがある。
一方がリードしないと、行き先などがなかなか決まらないです。
意見が食い違ったら、その場で決着がつくまで話し合う。
一日に最低でも一度はメールか電話などのやりとりが欲しい。
生きている「文化圏」が違うなと感じつことがある。
会うごとに気持ちのぼるティー字が下がる気がします。
どうしても折り合いがつかない「相手のきらいなところ」があります。
自分の連絡先を消されたり、居留守を使われたりしている。

あてはまる項目が0~3
落ち着いた大人の交際ができているようです。たまには感情的になってもめるのもいいでしょう。小さな山を一緒に乗り越えて、関係を温めていってください。

あてはまる項目が4~6
どことなく微妙な、綱渡りの交際になっています。反省すべきところは反省し、温度差を埋める努力を重ねて、冷静な大人の交際に育ててください。

あてはまる項目が7~9
今一度、そのお相手でいいのか考えてください。目的を見失って「結婚」だけを求めていませんか。相手を選び直してもいいのだとういうよ湯を持ちましょう!

あてはまる項目が10
すでに破局していますので、しっかり自覚をもって、今の交際をあきらめてください。

ページの先頭へ